みまもりロボくん(防犯カメラ&パトライト&共同募金の安全安心・社会貢献自販機)

視察が、地域情報の交流とまちづくりに活かされて・・・と願う。

昨日、防犯まちづくりモデル地区の視察があるというので、午後1時半に島之内集会所に出かけた。雪の影響で新幹線が遅れたそうで、埼玉県議会の議員ご一行17名を乗せた大型バスは40分ほど遅れ到着した。なぜ大型バスで?府庁を回ってからこられたようだ。
迎える側は、府企画調整部、市地域振興課、河内警察署、モデル地区防犯部会長、連合自治会長、地区自治会長など総勢20名ほど。
f0040347_2234086.jpg

平成14年モデル地区指定以後の活動について府警や自治会から、内容、成果、今後の問題点など発表があり、先生たちはメモを取りながら熱心に聴いておられた。
そして質疑応答に入ったが、やはり話題の中心は、頻発する卑劣な犯罪から子どもたちをどうまもるか? 通学路の安全・安心をどう確保するか?に集中した。

埼玉の議員さん側からは、子どもの事件後、各家庭にチョット家の外に出て見守ってもらえるよう、日頃の子どもの通学時間をペーパーで知らせると思いのほか協力を得られたとの事例紹介もあった。
やはりあらゆるレベルでの活発な地域情報の交流が必要に思う。行政レベルでは隣町の情報もなかなか伝わっていないのが現実のようだから。
f0040347_2235636.jpg

[PR]
by mimamorirobo | 2006-01-24 22:09