みまもりロボくん(防犯カメラ&パトライト&共同募金の安全安心・社会貢献自販機)

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

理事会雑談からひょっとして!

 今日は勝山事務局で、9回目の理事会を開いた。出席者は、3人、委任状3人、病欠1人。
ロボ展開を中心に、前年度の活動報告と新年度事業計画及び予算案承認の後、今後の方針について討議(雑談?)した。
 NNHで立ち上げ検討中のNPC交流会に話が及び、現在の地域支援ネットの現状を考えても、日常活動の運営を支える収益を伴った事業を起業しなければという結論になった。そして雑談の中で、井上理事が西宮で取り組んでいる 作業所と大手企業、作業所とユーザーを結ぶ洗浄剤を仲介とした支援事業が、小地域ネットワークにうってつけであり、大阪でも取り組もうとなった。これは、いづれロボ事業にもリンクするはずである。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-27 17:23 | 日々の活動

安全・安心システムの開発・・・公募について

 経済産業局からご案内をいただいていた財団公募の【先導的地域情報システム】について、説明をかねて局のMさんを訪問した。みまもりロボくんプロジェクトに関しては実証中であり、助成を得て事業化の可能性は高いようである。Bプロジェクトはその画期的発想と当節の必要性に興味を持たれたようであるが開発から手がける事業規模が大きく、いきなりは難しいだろうというのは考えていたとおりである。
 Mさんから言及されたごとく多くの助成が、総事業費の1/2が事業者負担である点、公募期間が短い点、自治体から応募するなど公共団体との調整・・・などなど、地域、市民活動の実態とのギャップに、多くの希望事業者が戸惑っているのが現状のようだ。
 我がプロジェクトについては、一年かけて実証を重ね事業化の目途をつて、次年度に応募できればとのスタンスを申し上げ、また、事業者負担のない案件が出ればその節はよろしくとお願いをしてきた。
 予算の執行について、申請書類だけで片付けずに、委託する側と委託される側の間に、現地に入って現状を把握しコーディネートするコンサル的な橋渡し役がいればいいのではないかと考えてしまうが、これも複雑な問題か?
f0040347_23124024.jpg

 さて、みまもりロボくんプロジェクトは、推進協議会の設立集会を来月7日開催すべく、参加メンバーを募っており、今日現在NNH以下、自治協副会長、自治協女性部長、自治協まちづくり部会長、3校区連合会長、赤十字奉仕団長、JC理事長、同志社リエゾンから参加の表明をもらっている。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-23 23:14 | 安全・安心

促進協議会の立ち上げ

 この1年間のロボ調査機設置を踏まえて、NNH(広地代表)が中心となって『みまもりロボ推進協議会』をスタートさせることになった。
 ここで問題なのは、協力企業さんとNPOのギャップが広がったことである。
 一つは、展開スピードに対する認識の違い即ち、企業さんが生産効率から考えて当初目論んだ設置台数と、NPOが地域の多様な意見を集約し連合自治会さんと協力し更に行政にも働きかけて達成した活動実績との開きである。
 二つには、開発協力の見返りとして設置促進を優先する企業さんと、コンセンサスを得ながら進展させようと地域の要望への細かな対応を求めるNPOとの考え方の違い。
 更に、当初のNPOから受けた予想展開に比べ思うように実績が上がらないため企業さん側の責任担当者が変わり方針が変更になるなど、問題が噴出してきた。
 協議会として、企業さんと協力スタンスについて抜本的に話し合いをしなければならない局面である。
 
[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-17 07:29 | まちづくり

GWも半分が過ぎましたが・・・

先週から、天王寺勝山の新事務所開設の準備にかかっていたが、GWの半ばが過ぎ漸く居心地が落ち着いてきた。
  
  その間、25日にNNHの広地代表が、26日にはロボの設置模型を作っていただいたRACの池田理事長がこられ、今後の具体的な活動について意見交換をした。
  
  30日には、わざわざ伏見からPTAのMさんが来訪、ロボ展開の趣旨と現状についてご説明をし、設置展開に向けて地域での説明が必要なら出向くことをお約束した。
  
  1日には、西宮のMさんが来られ、午後5時から9時頃までNPO談義を戦わした。氏は現在、CO2削減をミッションとするNPOを内閣府に申請しておられ、京都議定書目標値の達成に向けた方策を熱っぽく語られた。
   
  何れにしても、NPOのミッションは、こども、高齢者、まちづくり、食育、住育、市民生活、防犯、防災、地域環境、国、地球環境・・・と、安全・安心の意識に深くかかわっており、それぞれが連携してはじめて効果の上がるものだ。我がロボくんとしては更なる展開を目指して、GW後半じっくりと策を練ることにしよう、ない知恵を絞って・・・。
f0040347_111261.jpg

[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-03 01:29 | 安全・安心