みまもりロボくん(防犯カメラ&パトライト&共同募金の安全安心・社会貢献自販機)

カテゴリ:安全・安心( 23 )

記者さんから、ボトラーさんから、立て続けに問合せが・・

昨日夕刻、朝日新聞社の北村記者から、HPでみまもりロボを観たが、昨年秋の読売新聞取材以降、進展しているかと問合せが入った。その後1箇所設置できたが、現在は府の施設にモデル設置する件で市の協力が全く得られず、NPOとして自治連合会と行政の間を右往左往し対応に苦慮していることを率直にお話した。市長が変わっても市政は変わらないなあと同情???
f0040347_22473448.jpg


今日は、これもHPを見てKPボトラーからアポが入ったので、明日お会いする事にした。
自販機は飽和状態、特に東大阪では過当競争の感があり、CO2削減問題もあって、今後その必要性が問われようから、理解のあるボトラーさんにはいろんな角度から提案していける筈である。先日も岡崎市からヒアリングにお見えになったり、HPでの問合せもつづいているので、東大阪市は論外としても、行政として有効に活用を考えていただけるところが必ず沢山あると思う。発信を継続していかなければ・・・
[PR]
by mimamorirobo | 2008-03-04 22:48 | 安全・安心

連合会長は、地域校区のため日々活動されている。

先日のM連合会長に続き、TM連合会長とお会いした。K室長によれば当局では撤去の意向で、設置申請が出来ていないN連合内に設置済みのロボについて、相談した。TM連合会長から、現地のN会長に申請についてのこれまでの経緯をお聞きし、設置を認めていただくよう申請をする方向で打合せをするよう指示をいただいた。3箇所のうちの1箇所ではあるが、ここの場合は、最初施設側から子ども110番に協力したいと申し入れがあり、それではと”みまもりロボくん”の設置に至った経緯があり、あくまで許可申請でお願いをしてみたい。可能性は?であるが。
TM連合会長から17日の自主防災訓練の取材を要請されたので、今の自治協だよりを取り巻く環境について、話をしておいた。
[PR]
by mimamorirobo | 2008-02-09 01:25 | 安全・安心

地域の市民の子どもたちの安全・安心より、規則が優先する!

公的場所に設置済みのみまもりロボ3箇所について、当局は撤去せよとの意向である。推進協議会としてその対策について2日(土)CE東大阪にて行った協議を受けてNPO地域情報支援ネットとして当局への提出試案を作成、撤去要請の出ている設置箇所の一つについての対応を現地のM連合会長に相談した。
f0040347_19274072.jpg
会長のお考えは、子どもに対する発生事件の具体例、設置の経緯から設置後の大きな防犯抑止効果、学校や地域からの設置継続の強い要望などを訴え、設置を認めていただくよう当局にお願いすべきだということであったので、提出文案を再度検討することにした。再検討のうえ、他の2箇所についても、連合会長のお考えを早急に伺わなければならない。
これらの進展(撤去)が、防犯まちづくり地区内の設置に関して府に復申できる前提である、というのが市地域振興室長さんのお話であったが、地域の市民の子どもたちの安全・安心より、規則が優先する!のが行政というものである。ホント!
[PR]
by mimamorirobo | 2008-02-04 19:49 | 安全・安心

ロボ設置場所を、どうクリア?

地域振興の室長さんから、今日夜に会議があるので、みまもりロボくん設置場所の公、私についてその一覧をFAXしてほしいと電話が入った。帰途にCE東大阪f0040347_17372326.gifに立ち寄り、千葉さんところからFXAを送信しておいた。前向きなのか?後退なのか?まちづくり防犯の那須会長も気にしておられると思うが、来週、室長さんから何らかの連絡が入るだろう。
写真CE東大阪昼間、RACの池田さんが見え、SECの廣地さんと3人で食事に行った。電解洗浄液事業の進み方で3人の重いが合わず、激論になった。議論しながら進んでいくのだろう。
[PR]
by mimamorirobo | 2008-01-25 22:21 | 安全・安心

ロボ推進、今日の動き・・・いたずらが。

下島自治会館での井上大佑講演会の折りに飯島会長から、会館前に設置したロボくんが、登校途中の小学生に度々いたずらで警告ボタンを押されるので、早急に防犯カメラを装着してほしいと要望がだされた。
  実のところ、協力飲料メーカーにとってここは一、二を争う赤字の場所で、メーカー費用での防犯カメラは難しい。更に、ロボ自体が飲料メーカーの資産であることから、プライバシーの問題を極端に恐れているようで、先日各自治会とNPOで交わした防犯カメラ運用規定のコピーを提出したのだが、S社としてはカメラを取り外したいとの声まで聞く。この恐れからか、昨年末までに装着するということで候補地を決定し通知しているにも関わらず、昨年末まで、3月中、担当者が変わったので・・・と渋り、現在まで装着されず、今になって・・・と怒ってみても始まらない。兎に角打開策を、費用の捻出も含めて模索しているところである。
  世の中、企業も、経営者も、社員も、公務員も、役人も、責任逃れに至極熱心ではある。

f0040347_14542941.jpg
f0040347_14583986.jpg
  
[PR]
by mimamorirobo | 2007-10-14 15:01 | 安全・安心

みまもりロボは、どこでも出向きますよ!

  みまもりロボの出没状況を最初からご紹介しよう。H16年に自治会との会合の中からアイデアが浮上していた。
  H16年末・尼崎市大庄便利帳協賛活動の過程で、関西キリンビバレッジ社の担当者が自販機の設置先としての自治会に興味を示された。そこで17年になって関西キリンビバレッジ社と、ロボの研究プロジェクトを開始。10月の市民活動フェア2005in東大阪で試作機1号を発表。さらに、11月の第1回市民活動広場で、バージョンUPした2号機を発表。その間、内蔵すべきPCを貸与して試作を依頼している最中、担当者が退社するなどで関西キリンビバレッジ社の協力姿勢が後退した。
  18年に入りフジタカとコカの2社に協力を要請したが、コカ社は返事が来ず、申し出のあったフジタカとプロジェクトチームをつくり、同社東京から技術担当者も参加し会合を重ね、内蔵すべきPCを貸与して実証試作機の製作を依頼したが確たる返事がなくそのままとなる。
  その後あらたに、ジャパンビバレッジ社の協力を得て、第5回市民活動広場で実証試作機の発表にこぎつけた。
  3月には東大阪市社会福祉協議会の市民福祉活動計画『プラン2008』アクションプラン策定モデル事業としてオリエンテーションを開催
  そして実際の設置展開に向けては負担が重いとして、ジャパン社が自販機本体の負担をサントリーフーズ社に要請、先ずロケーションの調査確認が必要との申し出で調査機を展開する事になった。1号機f0040347_0154721.jpg号機、3、5号機、、6号機7号機8号機9号機、10号機11号機12号機13号機、14号機15号機16号機17号機18号機、19号機、20号機。以上19年4月までに20台を展開。
  この間、18年12月下旬、フジタカ社は東京において、我がNPOと取り組んだ100%同じコンセプトの新製品を重役が新聞発表し、即座に説明を求めると、1週間後に担当者が来阪し、担当部署が違うので・・・と言い訳、預けたPCは前日に送り返されてきた。
  6月に本格機展開を目指して、東大阪市自治協議会の参加各連合会長、東大阪市社会福祉協議会、東大阪市青年会議所、同志社大学リエゾンオフィス、東大阪ケーブルテレビ、NPOネットワーク東大阪などの参加を得て”みまもりロボくん推進協議会”が発足、NPOネットワーク東大阪の広地代表が会長に就任。
  8月に内閣府指定・防犯まちづくりモデル地区の島之内集会所で本格機の発表会を開催、各連合会長、各連合女性部長、自治会役員、各セクションの東大阪市職員、大阪府警から3名等約60名の参加があり、危機管理室管理監からは市の取り組みについて言葉をいただいた。
なお、ジャパンビバレッジ社、パトライト社、リンク社には展示・実演など協力をいただいた。
  そして9月18日、本格機第1号が設置された次第。
   

●自治会長さん、PTAの会長さん、設置のお問い合わせはお気軽に・・・・
[PR]
by mimamorirobo | 2007-10-02 23:30 | 安全・安心

読売新聞、本日の朝刊!

f0040347_2361287.jpg
今日の読売朝刊で紹介されました。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-09-22 23:08 | 安全・安心

京都からも、みまもりロボ強力に発信か?

 f0040347_2333854.jpg今日、醍醐の前川PTA会長を訪ね、こどもみまもり隊事務局長の島田さんを紹介された。
前川さんともどもお話をさせていただいた中で、島田さんは、地域、特に子どもたちの安全・安心には気を配られ、健全育成、人づくりに並々ならぬ努力をされている地域の実力者とお見受けした。お二人のお話から、醍醐から京都からロボの強力な発信ができるかもしれない。
NPOとしてご期待に沿えるよう大いに努力していこうと思う。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-09-17 23:30 | 安全・安心

安全・安心システムの開発・・・公募について

 経済産業局からご案内をいただいていた財団公募の【先導的地域情報システム】について、説明をかねて局のMさんを訪問した。みまもりロボくんプロジェクトに関しては実証中であり、助成を得て事業化の可能性は高いようである。Bプロジェクトはその画期的発想と当節の必要性に興味を持たれたようであるが開発から手がける事業規模が大きく、いきなりは難しいだろうというのは考えていたとおりである。
 Mさんから言及されたごとく多くの助成が、総事業費の1/2が事業者負担である点、公募期間が短い点、自治体から応募するなど公共団体との調整・・・などなど、地域、市民活動の実態とのギャップに、多くの希望事業者が戸惑っているのが現状のようだ。
 我がプロジェクトについては、一年かけて実証を重ね事業化の目途をつて、次年度に応募できればとのスタンスを申し上げ、また、事業者負担のない案件が出ればその節はよろしくとお願いをしてきた。
 予算の執行について、申請書類だけで片付けずに、委託する側と委託される側の間に、現地に入って現状を把握しコーディネートするコンサル的な橋渡し役がいればいいのではないかと考えてしまうが、これも複雑な問題か?
f0040347_23124024.jpg

 さて、みまもりロボくんプロジェクトは、推進協議会の設立集会を来月7日開催すべく、参加メンバーを募っており、今日現在NNH以下、自治協副会長、自治協女性部長、自治協まちづくり部会長、3校区連合会長、赤十字奉仕団長、JC理事長、同志社リエゾンから参加の表明をもらっている。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-23 23:14 | 安全・安心

GWも半分が過ぎましたが・・・

先週から、天王寺勝山の新事務所開設の準備にかかっていたが、GWの半ばが過ぎ漸く居心地が落ち着いてきた。
  
  その間、25日にNNHの広地代表が、26日にはロボの設置模型を作っていただいたRACの池田理事長がこられ、今後の具体的な活動について意見交換をした。
  
  30日には、わざわざ伏見からPTAのMさんが来訪、ロボ展開の趣旨と現状についてご説明をし、設置展開に向けて地域での説明が必要なら出向くことをお約束した。
  
  1日には、西宮のMさんが来られ、午後5時から9時頃までNPO談義を戦わした。氏は現在、CO2削減をミッションとするNPOを内閣府に申請しておられ、京都議定書目標値の達成に向けた方策を熱っぽく語られた。
   
  何れにしても、NPOのミッションは、こども、高齢者、まちづくり、食育、住育、市民生活、防犯、防災、地域環境、国、地球環境・・・と、安全・安心の意識に深くかかわっており、それぞれが連携してはじめて効果の上がるものだ。我がロボくんとしては更なる展開を目指して、GW後半じっくりと策を練ることにしよう、ない知恵を絞って・・・。
f0040347_111261.jpg

[PR]
by mimamorirobo | 2007-05-03 01:29 | 安全・安心