みまもりロボくん(防犯カメラ&パトライト&共同募金の安全安心・社会貢献自販機)

企業の片棒

みまもりロボくんに関して福祉の米谷さんから、行政財産使用について自販機設置の入札が決まったと電話が入った。市政だよりに公示し8月中には業者が決まる予定で、詳しくはまた知らせてくれるということであった。
業者の協力を得て安全・安心なまちづくりに自治連合会、協力企業さん及び個人さんと協力して運営している、業者でも無い地域情報支援ネットや協議会が応札できる筈も無い。
これまでは”行政財産は営利に使用させられない!”、”企業の片棒は担げない”と、自販機の姿は営利だと決めつけ頑なな態度に終始していたのが、大阪府の橋下行革にあやかったのか、野田市長のもとで手のひらを返したような按配である。
その一方で、自治協だより発行に関して自治協さんが怒っておれれるように、市側が現執行部に何の相談、告知もなく市政だよりに広告を掲載しはじめ、大手代理店に丸投げ?しているのはまさしく”企業の片棒”を担いでいるに他ならない。
施策が支離滅裂で、部署が縦割りで、担当が入れ替わり立ち代りで、無責任体制が確立しているのは、国から地方まで全く同様である。
この現実に、真正面から反論できる役人、反論した役人は、まだ見たことがない!(逃げ口上だけは上手いが!)

アクティブシニアによるシニア支援隊に、ロボみまもり隊に加え、行政みまもり隊が必要か?
いや、役人には痛くも痒くもないだろうナ!

[PR]
by mimamorirobo | 2008-06-13 00:24 | 政治・行政