みまもりロボくん(防犯カメラ&パトライト&共同募金の安全安心・社会貢献自販機)

フォーラム『住育コミュニティ』に参加してきました。

 先にお知らせした、近畿大学の雑賀浩司、三浦崇史両君が中心に開催したフォーラム”住育コミュニティ”に参加してきた。学生さんなど若いスタッフ、若い参加者に年配者も混じって会場はほぼ埋められた。

 『お母ちゃんの住まい』の宇津崎光代さんの講演を受けて、住環境についてグループワークで討論を戦わせた。住環境の見直しが、子育て、家族のあり方、介護問題などを改善する原点であり、更に衣育、食育とあいまって世の中が変わっていく、いや皆で変えていかねば!なお、宇津崎光代さんはNPO法人「次世代の家と社会をつくる会」の活動もしておられ ”世直しは・住宅×教育=住育”からということであろう。

f0040347_2341060.jpg
 雑賀、三浦両君とは、昨年木原ゼミで活動報告をさせていただいたご縁であったが、そのときの印象ではとても今日のように熱く語る両君は、想像できなかった。宇津崎さんとの出会いがそうさせたのであり、その行動力がなければ、出会いもなかったであろう。両君の若い行動力に敬意を表するところである。

  さて、宇津崎さんのプロフィールには、超乙女チック、超単純とある。両君の熱い思いには一途なものがある。私もロマンを語って語りすぎて相手がしらけることがあるが、戦後60年、企業を先頭に金儲けに走り、本音と建前を使い分け、妥協することが分かった大人の応対だと錯覚して、善悪までも曖昧にしてきた結果が今の世の中を招来したと言えないだろうか?
f0040347_232553.jpg今日語り合った皆さん、これからは、超単純に超乙女チックに一途にロマンを語り、信念を持って実現に向かって進もうではありませんか!。
[PR]
by mimamorirobo | 2007-04-21 23:13 | 日々の活動